2016-09-07

ROを2回引退しつつ、今もなお続けることになったきっかけ~第2章~

第1章はこちら

-------------------------------------------------------

月日は流れ、
2014年。


私がROをはじめた時には東京に住んでいたが、
家族の事情もあり、実家に帰ってきていた。


正直に話すと、母が亡くなって、しばらくは忙しくしていたのが、
「母がいない」という事をやっと乗り越え、
ちょっと途方に暮れている頃だった。


自分の時間ができたとはいうものの、何に手をつけても気がまぎれず、
ただただ本を読んで過ごしていた。


そんな時、ある日iPhoneのバックアップ用になっていたPCが壊れた。
PCを買い換えた時にネットサーフィンをしていたら、
たまたまROのことを思い出した。
きっかけは何だったか覚えていない。


とにかく思っていたことは
「またアンソニを追いかけて靴下を集め、
色んな人にプレゼントを渡したい」
ということだった。

ティム・バートンが好きで
サンタクロースが好きな私は
ROで一番思い出にのこっていたのがアンソニだった。


そのストーリーも好きだった。
「悪いサンタであるアンソニから穴の開いた靴下を集め、
本物のサンタの所に持っていくと、プレゼントを貰える」
という正義感あふれた設定。


それと共に、だんだんROをやっていた頃のことを思い出した。


MOBを倒した時に時々カードがポロっと出るあの嬉しさ。

また味わいたいと思ったのだ。


早速ROをはじめることになったのだが、昔のIDなんて覚えていないし、
ログインの仕方も随分と様変わりしていたので、適当に鯖を選んでみたところ、
たまたま入ったのがFrigg鯖だった。


アンソニは今まだ出現するのだろうか?


一番気になったことだった。
とりあえず、ノービスを作ったものの、
アンソニがいないのでは、私がROをする意味がないとまで思っていた。


とにかく誰かに聞きたかった。


色んなサイトやブログを見ても、アンソニに触れていることは少なく、
情報が入ってこなかったからだ。


私はFrigg鯖のプロンテラ復帰地点でこんなチャットを立ててみた。


「不躾で申し訳ありませんが教えていただきたいことがあります」


確かこんな内容だった。


しばらくしゃがみこんでいると、
1人の強そうな女性キャラの方がチャットに入ってきてくれた。


「聞きたいことは、なんですか?」


優しい人でよかったと思った。
私はその方に、
アンソニが今でもクリスマスに出現するのかどうか?という質問をし、
なぜ、アンソニのことがききたいのかを、一生懸命説明した。

「私は、アンソニをいっぱいたおして、
これからROをしていくうえでできるであろう友達に
プレゼントをあげたいがために
復帰しました。」


その方が、後にこのギルドを、一緒に立ち上げることになる雨雲ちゃんだった。

~第2章 END~
-------------------------------------------------------
第3章へつづく
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する